ベビースイミングは赤ちゃんにおすすめ

子育て
さいとう
さいとう

赤ちゃんの習い事に人気のベビースイミング。我が家では息子も娘もベビースイミングでプールデビューをしました。ベビースイミングのメリット・デメリットをまとめます。

赤ちゃんが生まれて落ち着いてくると「習い事でもしようかな」と考えますよね。ベビーヨガ、ベビーダンス、リトミックなど色々ありますが、その中でも人気のベビースイミングについて私の経験を入れつつメリット・デメリットをまとめます。

ベビースイミングとは

いつからできる?

多くのお教室では、6ヶ月頃から受入れしています。我が家の息子と娘は別々のお教室に通いましたが、両方とも6ヶ月からが対象でした。中には4ヶ月からOKなお教室もあります。

どんなことをする?

ベビースイミングの大きな目的は「泳げるようになること」ではなく、「赤ちゃんが水に慣れて楽しむこと」です。
約1時間の中で、

・出席(ハーイと手を挙げる練習になる)
・準備体操(親の準備体操です)
・歌や音楽に合わせて水に慣れる(赤ちゃんは頭までもぐったり滑り台をしたり、親は赤ちゃんを持ち上げたり、水中を走ったり)
・おもちゃで自由遊び
・お片付け
・ストレッチ(親のストレッチ)
・ジャグジーであったまる&おしゃべり

などをします。

赤ちゃんの水着について

水着とスイムキャップは各自で好きなものを準備します。水遊び用のおむつは、お教室によって着用義務があるところとないところがあります。息子のお教室は、水遊びおむつの着用は義務ではありませんでしたが、娘のお教室は水遊びパンツ+水着の着用がルールになっています。
水遊びおむつは、うんちはガードされますけど吸水性はないのでおしっこはそのまま流れます(吸水性あったら、プールの水を吸い込んで重くて脱げちゃいますね)。

プール中に「うんち事件」が起こるのではないかと心配になりますが、見たことないし先生に聞いても「対策あるので大丈夫ですよ〜。ほとんどないですけどね。」と言っていました。
水遊びおむつの着用義務がなくて「うんち事件」が心配な場合は、おむつ機能のついた水着を着用すると安心です。おむつ機能つきの水着は、うんちが漏れる心配がなく洗って何度も使えるので経済的です。

ベビースイミングのメリット

水への恐怖心がなくなる

楽しく水遊びをすることで、水に対する恐怖心がなくなります。歌を歌ったりおもちゃで遊んだりするので、赤ちゃんが飽きることなく思いっきり水遊びできるのが大きな魅力です。
また、水が怖くなくなるので頭からザーっとシャワーをかけたりしても動じなくなり、お風呂も楽になります。息子はお風呂の中でツルッと滑って転んだ時も、焦ることなくお風呂の縁に掴まり自分で立つことができ、私の方が焦ってしまいました。

さいとう
さいとう

息子は6ヶ月から始めましたが最初の2ヶ月くらいは毎回大泣きで心が折れそうでした。でも続けたことで1歳くらいからアームリング(腕の浮き輪)を使って気持ちよさそうに1人で自由に泳ぐようになり、プール大好きになりました。娘も6ヶ月からはじめる予定でしたが、ちょうどコロナが流行りだし結局10ヶ月からはじめることになりました。

赤ちゃんとのコミニュケーションになる

家にいて家事・子育てをしていると、つい家事をしながらの「ながら遊び」になってしまい赤ちゃんとちゃんと向き合う時間を作るのが難しいですよね。でも、プールに入っている間は常に抱っこして、音楽や歌に合わせてリズムにのりながら、水遊びって楽しいなぁと共感できる親子の大切なコミニュケーションの時間になり、赤ちゃんは「人との繋がり」を感じます。

水で五感を刺激して感性を豊かにする

陸上とは違う水の触覚や「冷たくて気持ちがいい」といった皮膚から感じる温度、水の音など全身で水の心地よさを味わうことで、筋肉や五感を刺激するだけでなく、好奇心や意欲も高まります。赤ちゃんは、水面を叩く「パチャパチャ」という音も不思議で楽しいと感じます。赤ちゃんの目線になって「楽しいね」と同じ感覚を楽しむことがおすすめです。

親の運動不足解消にもなる

赤ちゃんは、抱っこされて遊んでいるだけですが、親は水の中で飛んだり走ったり赤ちゃんを高い高いしたりと、結構激しく動きます。赤ちゃんは水に慣れて、親はしっかり動いて運動不足解消できるので、私は走る時も飛ぶ時も全力でコーチの言うことについていきます!自由遊びの時も遊びながら大股で歩いたりして、動くことを心がけています。

ベビースイミングのデメリット

会費がかかる

ベビースイミングを始めると、入会費・会費などがかかります。赤ちゃんOKな市民プールにいく方が断然経済的で、好きな時に行くことができ、便利な気もしますよね。
でも、私は月謝を払っていると言う意識があることで少し疲れていても「行かなきゃな」と感じるため、ベビースイミングに入っています。

さいとう
さいとう

私はズボらなので「いつでも行ける=行かない」となってしまうのです・・・。

プールでかかる感染症が心配

プールでかかる感染症があるのも心配の一つ。

  • ヘルパンギーナ
  • 手足口病
  • 結膜炎
  • プール熱
  • 水いぼ

小さな赤ちゃんがかかってしまうと考えると、少し怖いですね。でも、息子はプールで感染症をもらってきたことはありません(娘は現在習い中ですが、今まではありません)。

さいとう
さいとう

激レアな話ですが、息子が保育園で手足口病をもらってきた時、大人は通常かからないのに私はもらってしまいました。その時は、39度の熱が続き、他の病気を疑うほど死ぬ思いをしました。それから子供の感染症に怯えています。そして、プールじゃなくても感染症にはかかる!のです。

面倒臭い

赤ちゃんはなんてことないですが、大人の私は髪の毛ベタベタ・肌カサカサのまま帰るわけにいきません。赤ちゃんを気にしながらドライヤーしたり化粧水つけたりは、地味に面倒に感じることがあります。
そして吸水して重たくなったタオルを持って赤ちゃんを抱っこして帰るのは大変だなぁと感じます。

ベビースイミングはやっぱりおすすめ

面倒くさくて行きたくないと感じることもあるけれど、それでも楽しそうに水遊びをしている赤ちゃんを見ると自分も癒されます。そして、普段運動しない分、私のトレーニングだと思って通うことができ一石二鳥なベビースイミングは赤ちゃんの習い事におすすめです。
ベビースイミングのあとは、疲れるためいつもよりもコテコテにお昼寝をしてくれて食欲も増えたり、上記の メリットの他にも嬉しい効果がたくさんあります。

さいとう
さいとう

赤ちゃんの習い事の一つとしてベビースイミングを推奨します!

タイトルとURLをコピーしました