子供乗せ電動アシスト自転車 20インチと26インチ 買うならどっち?

日々の暮らし
さいとう
さいとう

離乳食インストラクターのさいとうです。初めての方はプロフィールをご覧ください!

子供乗せ可能な電動自転車の購入を考えた時に、運転する人の技術や自転車に乗る距離、身長などによって自転車の「サイズ=インチ」を選びますよね。街中を見ているとタイヤの大きい26インチの自転車ととタイヤの小さい20インチの自転車を見かけますねが、どちらを選んだらいいのかのメリットとデメリットをお伝えします。
因みに、我が家の1台目は26インチでした。そして今回購入したのは20インチのものです。

電動アシスト自転車 インチ(サイズ)の適応身長 

まず、一般的な自転車の適応身長の目安は下記の表の通りです。

車輪サイズ(インチ)適応身長
20112cm以上
22120cm以上
24130cm以上
26140cm以上
27150cm以上
28156cm以上
さいとう
さいとう

私は156センチなので28インチでもOKということになります!

街中で見かける子供乗せの電動アシスト自転車は運転する人の身長にかかわらず、20インチか26インチが圧倒的に多いです。なぜなら、電動アシスト自転車だけでも30キロくらいあり、子供を乗せて運転するとなると更に重くなるので、電動アシスト自転車にまたがった時、地面に両足が届かなければ危なくて乗ることができないためです。子供を乗せる場合の適応身長とは、乗車時は両足のかかとが地面につくのが良いとされています。
では、20インチと26インチの両方を持っている私の観点からそれぞれのメリットとデメリットをお伝えします。

子供乗せ電動アシスト自転車 26インチ

26インチのメリット

走行中に安定感がある

地面の段差などの障害物を乗り越える時の衝撃が少なく、大きな車輪の方が段差などを乗り越えるのが比較的簡単です。

スピードに乗りやすいから長距離や坂道も楽

20インチに比べるとタイヤが大きく、ギアのパワーにもよりますが車輪が1回転で進む距離が20インチのものよりも50センチ長くなります。そのため、ペダルを漕ぐ回数も少なくスピードにのりやすいため安定感があります。坂道が多い場合にも26インチの方が漕ぐ回数が少ないのでおすすめです。

見た目がいい。子供を乗せなくなった後も大人用として使用出来る

26インチのものは見た目もスッキリしていて綺麗な印象です。子供シートが不要になった後でも取り外して普通の電動アシスト自転車として使用出来ます。

26インチのデメリット 

重心が高いので、バランスを崩しやすい

子供を乗せる位置が高いため、子供が動くと重心がぶれてバランスを崩しやすいです。また、足がしっかりつかない場合、信号待ちなどの時にどうしても自転車が少し斜めになるので止まると重さでフラッとします。また、重心が上にあるためカーブに差し掛かった時に倒れやすいので注意が必要です。私は荷物と子供を乗せている時に、カーブでヒヤッとした経験があります。

子供用のシートの位置が高く、乗せ降ろしが大変

子供がまだ小さい時は気にならないのですが、体重が10キロ超えたくらいから乗せ降ろしに苦労します。20インチに比べてシートの高さが約15センチ高いだけですが、私はこの15センチがとても大変に感じました。

子供乗せ電動アシスト自転車 20インチ

20インチのメリット

子供の乗せ降ろしが楽

26インチのデメリットにも書きましたが、26インチに比べてシートの高さが約15センチ低いことで子供の乗せ降ろしがとても楽です。子供が大きくなるにつれて、実感できるメリットです。

下のほうでバランスをとれるのでフラフラしにくい

子供のシートの高さも低く、全体的に低い位置に重心があるのでバランスを取りやすく、子供が少し動いたり、信号などで止まっている時もフラフラしにくいです。

足がしっかりと地面につく

身長にもよるかと思いますが、子供を乗せる場合はしっかりと足が地上についた方が安心感があり大切だと感じます。

20インチのデメリット

タイヤが小さい分、ペダルを漕ぐ回数が多くなる

26インチに比べるとタイヤが小さく、ギアのパワーにもよりますが車輪が1回転で進む距離が20インチのものよりも50センチ短くなります。普段はあまり感じないのですが、坂道や長距離走行をする時には顕著に違いを実感します。特に坂道はキツいです。

パパも乗る場合、膝がキツくて漕ぎ辛い

背の高い人が20インチに乗るとペダルを小さくクルクルと漕ぐ必要があるので、キツく感じるようです。背が高い場合やパパと一緒に使う場合は、大きい方が安定するかもしれません。

私が26インチから20インチに買い替えた理由

1台目は、息子が生まれる前に購入したこともあり、自転車屋さんに「一番坂道で楽なものをください」と相談して26インチのものを購入しました。息子が生まれて後ろにチャイルドシートをつけて4年間乗っていましたが、周りを見ていると20インチを乗っているママが多い印象でした。色々聞いてみると20インチの方が乗りやすいらしいとのこと。私自身が156センチなので20インチの方がサイズ的にはピッタリくることも分かり、娘が生まれて3人乗りを考えた時に、幼児シートを追加するのではなく、20インチに買い替えることにしました。

買い替えた理由
  • 自転車の高さが低いので、子供の乗せ降ろしが楽になる
  • 足がピッタリ地面につくので安心

まとめ

子供を乗せる状況や距離などによって選ぶ基準が変わってくると思いますが、身長が156センチ以下の場合、20インチの電動アシスト自転車の方が子供の乗せ降ろしが楽なだけでなく、足が地面に届くので安心で安全です。また、運転に自信がない場合も小さい方が扱いやすいのでおすすめです。
また、身長高い方や走行距離が長かったり、坂道走行があったりする場合は、26インチの方が走行性能が高く、乗り心地も良い傾向にあるのでおすすめです。見た目も26インチの方がスリムで個人的に好きです。

タイトルとURLをコピーしました