お食い初め・百日祝いは何を食べる?

子育て
さいとう
さいとう

離乳食インストラクターのさいとうです。初めての方はプロフィールをご覧ください!

基本的なお食い初めお祝御膳の内容

ほとんどの場合、日本ならではの1汁3菜+歯固め石を準備します。1汁3菜とは、お吸い物・尾頭つきのお魚・赤飯・煮物・香の物である場合が多く、海のもの、穀物、山のもの、水分・塩分など、赤ちゃんがこれから食べていく食材が含まれます。

さいとう
さいとう

お祝膳の内容については、季節や地域によっても特色があり様々ですので、その時に手に入るもので問題ありません。ここでは、基本的な和食のお祝い御膳についてご紹介しますが、洋風でもOKですしケーキでのお祝いも素敵ですね。ご家族の気持ちが込められていれば内容にこだわらなくても大丈夫です。楽しく過ごしてくださいね。

〈汁〉はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物は、「二枚貝のように、ぴったりと寄り添う伴侶に巡り合える」という、将来の幸せな出会いを願う意味があります。また、「吸う力が強くなるりますように」との願いも込められています。

〈ご飯〉赤飯

おめでたい時に良く食べられる赤飯には、魔除けや厄払いの意味があります。お食い初めでは、赤ちゃんが病気や災難から逃れ、健やかに成長するようにという願いが込められています。

〈主菜〉尾頭付きの鯛

鯛は、「めでたい(鯛)」の語呂合わせ加え、七福神の1人である恵比寿様が釣っている魚も鯛であることから、お祝いの席には欠かせないお魚です。
塩焼きで出されることが多く、尾頭付きであることにより「始まりから終わりまで」の意味もあり長生きするように願いが込められています。

〈副菜〉煮物

煮物は、お祝いする時期の旬の野菜を使うことが多く地域によっても具材が異なりますが、白い里芋、赤い人参、黒い黒豆、黄色い南瓜、緑のさやエンドウなど彩りを意識し目でも楽しめるものがいいいですね。人参や南瓜の皮に飾り切りをしても素敵になります。紅白や黒豆が入ることで縁起が良く、里芋は「子孫繁栄」の意味もあります。
この他にも「長寿」を願いエビを入れたり、「魔除け」の意味がある高野豆腐などが使われます。

〈副菜〉香の物・酢の物 

タコの酢の物や紅白なます、または季節のお漬物を用意します。
タコは「多幸」の語呂合わせで縁起の良い食材で足が8本あることから運勢が八方へ拡がると言われています。
紅白なますも紅白になっていて縁起の良い食べ物です。
香の物は根菜で用意することにより「根強く生きていく」という意味になり「強くたくましく育ちますように」との願いも込められています。
その他にも梅干しを用意する事もあり、「しわしわになるまで食べ物に困りませんように」の意味があります。

歯固め石

1汁3菜に加えて、「歯固め石」を小皿に乗せて用意します。歯固め石は、石に触れた箸で赤ちゃんの口元に触れて「丈夫な歯が生え、しっかり食べ物を噛み、スクスクと大きくなりますように」と願いを込める「歯固め」の儀式で使います。
自宅で用意する場合は、ネットでお食い初めの飾りセットに歯固め石が含まれているのが販売されています。

さいとう
さいとう

我が家では、息子はレストランのお食い初めプランを利用し、娘は、自宅で夫がイタリアンのお食い初めランチを用意しました。

2016年 息子のお食い初め
2020年 娘のお食い初め
タイトルとURLをコピーしました