3才差育児を楽しむための工夫とメリット

3歳差育児 子育て
さいとう
さいとう

離乳食インストラクターのさいとうです。初めての方はプロフィールをご覧ください!

1人目が少し大きくなると、2人目を考えるご家族も多いのではないでしょうか。我が家は2才差が理想でしたが、そんな予定通りにいくことなく3才半差で二人目がやってきました。3才差育児を楽しむための私の工夫と3歳差ならではのメリットをお伝えします。

さいとう
さいとう

私自身は、5才年上の兄がいて、お互いがひとりっ子の様に育ったので「年の近い兄弟」に憧れがありました。

3歳差育児 メリット

3歳差というと、「受験が重なるからダブル受験になり大変」や「赤ちゃん返りがすごい」などデメリットもあるイメージですが、メリットもたくさんあります。

赤ちゃんが泣く回数が少ない

赤ちゃんってママが見えないと泣いてしまって、洗濯物を干したりご飯を作ったりするのも大変ですよね。息子が赤ちゃんだった時は、私が見えなくなると泣いて呼んだので、家にいても抱っこ紐をつけて家事をこなしていました。肩、腰、足が辛かった。一方、娘の場合は兄(息子)を一生懸命に目で追って、一緒に遊んでいる感覚を持つようで私が少し離れていてもあまり泣きません。(息子が良かれと思って抱っこしようとしてたりしてヒヤヒヤすることはありますが・・・)3歳くらい離れていると、息子のマシンガントークがすごくて言葉のシャワーもたくさん浴びることが出来るのもいいなぁと感じています。

さいとう
さいとう

娘の性格によるものなのか、息子のマシンガントークがすごいせいなのか、娘はびっくりするくらい大きな声で喃語を叫びます。

上の子がお手伝いをしてくれる

私のママ友の2人目妊娠中の時の話を聞くと妊娠中から上の子が「お姉ちゃん」「お兄ちゃん」になるのをとても楽しみにしているという話が多かったです。でも、息子の場合、私の妊娠中に「赤ちゃんに会いたい」など赤ちゃんの話題を自分からしたことはなかったです。不安があるのかなぁと心配していましたが、生まれて家に帰ると

息子
息子

ママのお腹に娘ちゃん入ってたけど、出てきたね。もうお腹にはいなくなっちゃったね。息子くんに会いたかったんじゃない?それで出てきたんだよ。

と言ってくれて、

さいとう
さいとう

あぁ、この子は自分の中で私が妊娠していたことも妹が出来たこともちゃんと理解して受け入れているのね。

と、とても安心しました。もちろん、まだ3歳だから気分のムラもあるし赤ちゃん返りしたりもしましたが、赤ちゃんが泣いていると「息子くんがいるから大丈夫よー」「お腹すいたのかな」「オムツが気持ち悪いんじゃない?」と心強いサポーターになってくれました。3歳差だと話せば理解する(従ってくれるかは別の話)ようになっているので、時間をかけてお話ししていくことで、きっとママの強い味方になってくれます。

同じ保育園に入りやすい&通いやすい

保育園の入園(横浜市の場合)は、在園兄弟児がいることでランクが上がり入りやすくなります。なので、2人目は同じ保育園に入りやすい。そして3才差だと、上の子がある程度自分のことは自分で出来る様になってきて、下の子のお世話に集中できるので、送迎も楽になります。
私は、混雑したバスで息子を保育園に送迎しますが、いつも座れるとは限らず、息子はバスの揺れで倒れたり、歩きたくなったり、大人の足の間にいるのが窮屈で「抱っこして」とせがんだり、1人を園に連れていくだけでも大変でした。
でも、ちょうど妊娠して抱っこが辛くなってきた頃から、ちゃんとバスのポールに掴まって乗っていることが出来るようになっていました。それだけでも随分楽でした。

さいとう
さいとう

3歳に近づいてくると、出来ることやお任せ出来ることがとっても増えてきます。

2人が楽しそうにしていて幸せを感じる

これは年の差はあまり関係ないのかもしれませんが、子供達だけに通じる空気感があるようで、娘は7ヶ月頃から息子と遊ぶようになり2人で大声で笑っています。特に息子が笑うと娘もつられて笑い、一生懸命息子に向かって何かお喋りしています。そんな2人を見ていると本当に幸せだなぁと感じます。

3歳差育児 工夫していること

3歳差育児はリズムが大切かなぁと思います。一旦リズムが出来れば、あとはその波に乗るだけ!

お買い物は宅配を利用

1人と手を繋いでもう1人を抱っこでお買い物をすると買うものを忘れたり、余計なものを買ったり、途中でめげそうになったり、荷物を持つのも大変で本当に疲れますよね。子供のいない時は「今日は何食べようかな〜」という思考でしたが、子供が出来てからは「今週は何食べようかなぁ」と考え方がシフトしました。
今は、週に1回の宅配(コープ利用してます)で必要な食材を購入して足りないものは、都度保育園の送迎ついでに購入しています。こうすることで、1週間の食生活の管理がしやすくなりました。

さいとう
さいとう

日用品は、AMAZONをよく利用しています。オムツとかお尻拭きとか大きなものも気にせず買えるので、いい時代ですね。

お風呂は段取りが命

大変なのはお風呂。1人で2人を入れる時は、段取りが命です。特に、寒い時期は子供のことを優先したことで自分が風邪をひくことがないようにしたいですね。
我が家の息子はお風呂が大好きなので、出来るだけ息子を長く湯船で遊ばせられるように工夫しています。

さいとう家のお風呂タイム
  • 息子を湯船に入れ、私と娘は脱衣所から10分程見守る。
  • 娘をバウンサーに置いて(大きくなってきたらバンボ使用)私が身体や髪の毛を洗い、息子を洗う。
  • 娘の機嫌が良ければ、そのまま脱衣所にいてもらいお風呂で息子と遊ぶ。
  • 娘をお風呂に入れて洗う。
  • 娘をお風呂から出すタイミングで、私もお風呂から出る。
  • 息子は遊びたければ、そのままお風呂にいて私と娘は脱衣所から再び見守る。
さいとう
さいとう

ゆっくりお風呂に入るなんて出来ません!いつの間にか「リラックスする場所」から「一日の汚れをとる場所」に変わりました。
雑誌や飲み物を持ってお風呂に入っていた頃が懐かしい・・・。

家事が終わらなくても気にしない

子供がお腹いっぱい食べて、事故にも合わず楽しく過ごし、1日が過ぎたのであれば、しようと思っていた家事が終わっていなくても「まぁいっか」で一日を終わらせることにしています。気にし過ぎると、イライラしてしまい結果的に子供に嫌な思いをさせてしまうこともあったので、気をつけています。

さいとう
さいとう

子供が楽しく過ごせただけで、充分やるべきことはやった!

赤ちゃん返りの対処法。とにかく声に出して可愛がる

2〜3歳の子は赤ちゃん返りをしやすいと言われているのでその点には今も注意をしながら接しています。
息子の場合、1人でいつも食べているのに「手伝って」ということが増え、祖父母の前では口を開けて食べ物が運ばれてくるのを待つだけの時も多くありました(まるで雛鳥)。また、年齢のせいもありますが、自己主張が激しくなり、私が他の大人と話していると会話を遮り「こっちを見て!聞いて!」と、とにかく欲求が強くなりました。私は、出来る限り甘えさせ息子の方を見て声をかけるように気にかけました。そして「お兄ちゃんなんだから」と言わないようにしました。1人の大切な存在として接したかったからです。
私は、息子が生まれた時から「愛情は言葉で伝えたい」と考えているのでことあるごとに息子に

さいとう
さいとう

息子君は、ママの大事な人。
生まれてきてくれて本当に良かった。
今日も可愛いね。
大好きよ。
みんな息子君が大好きだよ。

と伝えています。それもあってか、寝るときに自分で

息子
息子

僕は、ママのダイジ、ダイジ。

と言うようになり、娘に対しても「妹はダイジ、ダイジ」と言ってくれることもあります。自己肯定感が育っているなぁと嬉しく感じます。

さいとう
さいとう

私もまだまだ未熟で、怒ってしまったりして反省する日々ですが、子供と共に成長していきたいと思っています。

3歳差育児に限らず、周りの助けをかりよう

3歳差育児に限ったことではありませんが、子育てする時は周りの助けを借りましょう。
私は、「誰かに助けを求める」のが苦手でした。仕事でも「大丈夫です」と言って頑張る方が、「手伝って」と言うより何倍も楽でした。でも、子育てをして「助けを借りること」が本当に大切だと実感しています。
まず、助けを借りることで心に余裕が生まれます。余裕があるからイライラの回数も減り、子供と向き合って遊ぶことが出来ます。私が、先輩ママに言われたのは

先輩ママ
先輩ママ

たとえ育児の理念が違ったとしても、手はあるだけで助かるのだから助けてもらった方がいいよ。子供も色々な考え方の人に接した方がいいからね。

でした。この言葉が、私の中にスッと入ってきて「助けを求める」ことに抵抗が少なくなりました。両親、義理の両親、兄弟や友達、市のサポートの方など、助けを求めたら快く手伝ってくれる人がきっといるので、疲れた時は周りに手伝ってもらってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました